2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:未分類 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つきぷく

kage

2015/06/19 (Fri)

復活したと書いて、全く更新なし。嘘つきといわれても仕方がない。

ただ近頃、思っていることがある。音楽や映画に対する興味が激減しているのはなぜだろう?それは一つに家のローンというものにある。実家に住んでいた時は家のローンなど払っていなかったので、物欲をかなえる金も持っていたし、それなりに使っていた。

しかし、マンション。これがいけなかった。うちのマンションなんて、2LDKだし地方だし、ぶっちゃけて言って、2600万円くらいである。この支払いがどーんと気持ちを落としている。前倒しで返しているので、月々9万円くらいだ。でも不動産はだめだ。人の心を重くしている。

買うんじゃなかった。子供もいないんで、残す人もいない。市営住宅で十分だった。
スポンサーサイト

復活!

kage

2013/01/04 (Fri)

復活しました。誰も注目していない分、ちょっと毒もはきたいと思います。よろしくお願いします。

新しい戦力

kage

2012/03/07 (Wed)

ブログは匿名性で、今回はツィッターともFacebookともリンクしないつもりなので好きな事を書ける。

今月から二人の縁故者が働き始めている。一人目は笑ってしまうような話だが、Facebookで知り合った友達だ。

最初は不安で一杯だったのだが、基本能力が高いので吸収力が早い。あとは営業マンだったので席で落ち着いて仕事ができるように長い目で見ていきたい。(まあ、落ち着きのなさでは人の事全く言えないけれど)何よりも職場を離れても楽しくやれそうな感じ。

そして今日またひとり迎える。前の職場で一緒だった男。どうなんだろう?頭はいいのに根気がなくて、、、でも前の仕事を任期満了まで3年続けたのは、少しは落ち着いて来たのか?

男女の差別をしてはいけないのだけど、やはり女性はつらい。感情に流されすぎる。頑張って男性に奮起してもらいたい。

驚いた一通のメール

kage

2012/02/20 (Mon)

私は家ではpcを開かない。だから、たまにメールを開くとびっくりするくらい数多くのメールが届いている。

今日久々に開いたら、自分でも信じられない一通のメールが来ていた。

私はteacupという会社でブログを始めた。少したってココログに移った。多くのブログ仲間はここで知り合い、リアル友人になったのであるが、結構なアクセス数もあった。

一日に1000という今では考えられない数だったのであるが、ここで映画の記事を書くと一つ困った問題が出てきた。トラックバックである。

映画のブロガーさんたちはトラックバックの多さが、人気のバロメーターになっているところがある。

だから、私の記事にもバンバン、トラックバックをくれる。でも数が多いと誰にトラックバックを返して、誰に返さなかったか、わからなくなるのである。そこでトラックバックをもらっても放置して置いた。

そうしたら、避難の嵐。そこでgooに引っ越した。結局gooでも同じような事態になって、fc2のブログになってアクセスも減り、トラックバックも滅多にもらわなくなった。

その上で、先のブログの終了宣言である。

今日いただいたメールには要約するとこう書いてあった。

「私はあなたのブログを楽しみにしていました。映画館には滅多に行く事が出来ないので、あなたの映画評を見て、レンタルで映画を楽しみにしていました。ブログ(多分同じ名前なので検索で探したのか?)を再開されたようですが、映画の事は書いてありません。もう書かないのですか?ショックです。」

びっくりした。あんないたずら書き程度の記事に、あんなメールをいただけるなんて本当にびっくりした。と、同時に自分の映画への愛情も再確認した。

映画が好きだ。なぜだかわからない。昨日の友人との話で再確認したのだが、能動的な姿勢で見る映画が好きだ。

DVDにしても自分から発売日を楽しみにして、予約して買うのは好きだが、廉価版になってまとめて買うのは、積極的に見る事はない。やはり、それ相応の金を払って自分の行動として映画を見るのが好きなのだ。

もう私のブログにアクセスしてくれる方は多くないだろう。自分でも見た映画を忘れる事のないように、記録しているだけなのだ。そこにあのメール。

そんな時にかなりの衝撃作に出会った。昨年末に東京では公開されているらしいのであるが、静岡では今、公開。でも、家でDVDではみる事はないような作品。

この作品を記録していこうかと思った。本当にメールをくださった方、ありがとうございます。アドレスがわかるので返信したいのですが、記事をもってお答えとしたいと思います。


映画

kage

2012/02/19 (Sun)

私の周りの人間は、皆さん大人だ。私一人、小学6年生の頃の知能程度のまま生きています。

昨日、友人と話していた時に、「さらりと流す」という言葉を何度も言われたけれど、それが出来ない。言っていた友人も私からすれば出来ない人間だ。出来る人間ならつきあっていない。そんなことわかっている。

ブログって匿名性のものだから、何書いてもいいと思ってた。でも現実の知り合いが読んでいたのなら、そうではない事も、(当たり前だけど)事実。

もうくどく言うな、と言われたのだが、倒れた、帯状疱疹、という単語はやはり重くのしかかってしまった。家に帰ってから荒れたのは言うまでもない。

でもいい酒だった。本当に。

話は変わるけれど、ついに職場にネットからの知り合いが来る。今、職場で亡くなった方の花輪の手配をしているのだが、新しくやってくる私のパートナーは、こういう現実をわかって入って来るのか?休みだろうと、なんだろうとやらなければならないことはやるのです。

昨日、友人の年収を聞いて驚いたのだけれど、彼に与えられる年収は600万円。これは役員を除けば、我がグループで一番の高給取りになる。

これに見合う働きがなければ、即さよならだ。ネットを通じてかなり「ともだち」がいる彼。この職場を去る事になれば、私はとんでもないほど袋だたきにあうだろう。覚悟しておかなければ。

しかし「タイム」。(一体どこからこの跳躍が?)来週の土曜日、楽しみにしています。とるに足らない映画評も書いていこうかな・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。