2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

カテゴリ:洋画ーた行 の記事リスト(エントリー順)

kage

| |

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIME/タイム

kage

2012/02/27 (Mon)




科学技術が進歩したことにより老化現象を解決した近未来、25歳で生体の成長が止まると余命はあと1年という社会が構築されていた。富裕層は寿命を気にしなくていい一方、貧しい人々は寿命を延ばすためにあくせく働き続けなければならなかった。貧しい青年のウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は、時間と引き換えに裕福な男性を殺した容疑を掛けられ、追われる身となってしまい……。(シネマトゥデイ)

ジャスティン・ティンバーレイクはどこに行こうとしているのでしょうか?人もうらやむ大ポップスター。しかし、彼は俳優業の方に大きく舵を切っているように見えます。

ところが歌の世界ではまばゆいばかりの存在の彼も、映画の世界の中ではどうも魅力を出し切っていないように考えるのは私だけでしょうか?

この映画でもアマンダ・セイフライドに食われているような気がします。甘くて端正なマスクは、あまり「エロ」や「悪」を感じさせないのです。かといってアンドリュー・ガーフィールドのようなナイーブさも。映画で生きるとしたら、これからが正念場でしょう。

映画は近未来の社会。富裕層が長生きして貧困なものがそれにつくす、そういう図式の映画は今までにもありました。でもそれを視覚に訴える方法で表したのは、新しい表現だと思います。もちろん、突っ込みどころは満載ですが、それを言始めたら映画として成り立たないので。

キリアン・マーフィーがどういうつもりでこの映画を引き受けたのかはわかりませんが、やはりしまる!映画がしまります。ただ惜しむらくは、映画があまりにも説明的だった所。もう少しストレートに「善」対「悪」に徹した方がよかったのではないでしょうか?

貧困なものからしか搾取しない貧困者、貧困なものを管理する元貧困出身の役人。この辺りの表現が話に奥行きを与えているとは思うのですが、そこは娯楽大作。単純な話にしてしまった方がよかった様な気がします。

もし徹底的に奥行きを与えるとしたら、それはこの映画では説明不足だったような気がします。途中で大金持ちが誰かに気を配りながら電話している所があります。おそらくこの世界の支配者、創造者であると思われますが、その正体も明らかにされませんでした。まさか、続編を考えているとは思えないのですが・・・・

最後の「俺たちに明日はない」へのオマージュは少し役不足の二人です。ジャスティンがウォーレン・ビューティを超える可能性はないと思うのですが、アマンダがフェイ・ダナウェイを超える可能性は?大きくあるような気がします。

気を配ってくれた友人もいますが、とても楽しめましたよ。
スポンサーサイト

ドラゴン・タトゥーの女

kage

2012/02/22 (Wed)



月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪(しっそう)事件の調査依頼が舞い込む。連続猟奇殺人事件が失踪(しっそう)にかかわっていると察知したミカエルは、天才ハッカー、リスベット(ルーニー・マーラ)にリサーチ協力を求める。(シネマトゥデイ)

これは面白かった!こんなに長い映画が面白かったのは久しぶりです。

私は大劇場でやる大作と、小さな劇場でやる作品をなるべく並行してみていこうとしています。でもやはり大作は金をかけただけあります。

この作品のオリジナルのナオミ・ラパス版も見ましたが、あちらよりおどろおどろ感が減っているのに対して、明快さが加わりました。私はこういう複雑な話ではこちらの処理の方が好きです。さすがデヴィット・フィンチャー。

複雑怪奇なる一族の物語です。それゆえ、人物の交通整理には時間がかかります。しかし、ハリウッド版では要所要所に有名な役者を使うので、誰が誰だかわかるのです。もちろん、それは監督の演出がうまいからだと思うのです。

エロシーンはかなり過激。リスペットのレイプシーンや逆にレイプする(?)シーンは見ていられないほど。またリスペットとミカエルのベッドシーンはモザイクが入っていたのですが、どちらのものが映っていたのでしょうか?(⬅馬鹿)

主人公二人が格好よすぎますが、クリストファー・プラマーやステラン・スカルスガルドの怪しさで映画も引き締まります。俳優の格を考えると、犯人が誰かすぐわかってしまうのですがそれはご愛嬌。

リスペットの女性らしさらを表現した最後のシーンは余分な気がします。しかし、繰り返しますが、監督の手腕に勝るものはありません。アメリカでは今ひとつヒットしませんでしたが、ぜひとも続編を願います。

これはブルーレイ、買いでしょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。