2012 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2012 03

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼熱の魂

kage

2012/02/20 (Mon)



ある日、カナダで暮らす双子の姉弟ジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マキシム・ゴーデット)の母親ナワル(ルブナ・アザバル)が永眠する。後日、長年彼女を秘書として雇っていた公証人(レミー・ジラール)により、母の遺言が読み上げられる。その内容は、所在がわからない自分たちの父と兄に手紙を渡してほしいというもので……。(シネマトゥデイ)

衝撃でした。久々に映画の事を書こうと思ったのも、メールの一件とこの作品のせいです。

母親がどんなつもりで遺言を残したのかわかりません。もし、「あの事実」を知った後なら、あまりに残酷な事実を子供に探らせる事になります。私が親なら絶対に伏せておきたくなるような気がします。

母親の過去と、子供たちの調査が交互に出てきます。母親役の女優と娘役の女優が似ているので、混乱を起こしがちなのですが、それもまたこの映画のミステリアスな部分を増幅します。

中東の不思議さは日本人には理解できない所でしょう。宗教の違いによる対立、それが殺戮にまで至って愛し合う事さえも許されない。全くわかりません。

しかし、その環境下で産み落とされた子供、3人。そのあまりにも過酷な運命は、言葉にならないほどのものです。

主人公がどうしてテロリストになったのか、ここが今ひとつわからない所です。あのバスでの皆殺し事件で宗教の対立がどれほど馬鹿らしく意味のないものだと悟ったはずなのに、その悟りが彼女さえも意味のない殺人を犯すテロリストに変えてしまった。

ギリシャ悲劇にも似たストーリーは見たものの心に多くの感銘、いや嫌悪感を残します。後味のいい映画ではありません。

でも、非常に良く出来たミステリーです。こういう映画があってもいいのではないかと思います。主人公が口がきけなくなり、亡くなるほどのショックを受けたものはなんだったのか?プールで(多分脳梗塞?)倒れたのは何を見たからなのか?その謎を探る2時間に目は釘付けでした。おすすめです。

スポンサーサイト

驚いた一通のメール

kage

2012/02/20 (Mon)

私は家ではpcを開かない。だから、たまにメールを開くとびっくりするくらい数多くのメールが届いている。

今日久々に開いたら、自分でも信じられない一通のメールが来ていた。

私はteacupという会社でブログを始めた。少したってココログに移った。多くのブログ仲間はここで知り合い、リアル友人になったのであるが、結構なアクセス数もあった。

一日に1000という今では考えられない数だったのであるが、ここで映画の記事を書くと一つ困った問題が出てきた。トラックバックである。

映画のブロガーさんたちはトラックバックの多さが、人気のバロメーターになっているところがある。

だから、私の記事にもバンバン、トラックバックをくれる。でも数が多いと誰にトラックバックを返して、誰に返さなかったか、わからなくなるのである。そこでトラックバックをもらっても放置して置いた。

そうしたら、避難の嵐。そこでgooに引っ越した。結局gooでも同じような事態になって、fc2のブログになってアクセスも減り、トラックバックも滅多にもらわなくなった。

その上で、先のブログの終了宣言である。

今日いただいたメールには要約するとこう書いてあった。

「私はあなたのブログを楽しみにしていました。映画館には滅多に行く事が出来ないので、あなたの映画評を見て、レンタルで映画を楽しみにしていました。ブログ(多分同じ名前なので検索で探したのか?)を再開されたようですが、映画の事は書いてありません。もう書かないのですか?ショックです。」

びっくりした。あんないたずら書き程度の記事に、あんなメールをいただけるなんて本当にびっくりした。と、同時に自分の映画への愛情も再確認した。

映画が好きだ。なぜだかわからない。昨日の友人との話で再確認したのだが、能動的な姿勢で見る映画が好きだ。

DVDにしても自分から発売日を楽しみにして、予約して買うのは好きだが、廉価版になってまとめて買うのは、積極的に見る事はない。やはり、それ相応の金を払って自分の行動として映画を見るのが好きなのだ。

もう私のブログにアクセスしてくれる方は多くないだろう。自分でも見た映画を忘れる事のないように、記録しているだけなのだ。そこにあのメール。

そんな時にかなりの衝撃作に出会った。昨年末に東京では公開されているらしいのであるが、静岡では今、公開。でも、家でDVDではみる事はないような作品。

この作品を記録していこうかと思った。本当にメールをくださった方、ありがとうございます。アドレスがわかるので返信したいのですが、記事をもってお答えとしたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。