2012 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2012 03

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノ、愛に生きる

kage

2012/02/22 (Wed)



ロシア人のエンマ(ティルダ・スウィントン)は、富豪のタンクレディ(ピッポ・デルボーノ)と結婚し、イタリアのミラノに渡る。彼女は晴れて上流社会の一員となり、3人の子どもたちにも恵まれ誰もがうらやむ生活を過ごしていた。ある晩、家長である義父(ガブリエル・フェルゼッティ)の誕生日の夕食会が催され、ついに後継者が指名される。

やばい、映画のことを書き続けたら、こんなのばかりになってしまった。またもや映画の話です。映画ブログにはしたくはなかったのに。

かなり見る人を選ぶ映画です。映画の前半部はイタリアの富豪に嫁いでしまったロシア人女性が、妻として嫁として母として、いかにその役割をこなしていくか見せています。

優雅なファッションと磨き抜かれた調度品、そして美食としか言いようのない料理の数々。もう例えようもありません。目の保養、特に女性にとっては素晴らしい場面が続きます。

しかし、その美食を生み出した男との出会いが、自分の感情を押し殺していた彼女に火をつけます。もうここからは女性の素っ裸、そのものが全面に出てきます。

自分のアイデンティティを捨ててまで、富に身を捧げて来た彼女。野性味あふれる男性との出会いは、もう彼女をとめられません。ここまで見せても良いのか?という野原でのセックス。(草や虫がいるので、とてつもなく痒そうです)

彼女はロシア人である事を捨てさせた夫の一族を、生理的に嫌悪していたのでしょう。そこに衝撃的な事件。

その事件により最後のスイッチが入った彼女は、もはやトップモードをまとう美女ではありません。スポーツウエアに身をまとい、贅肉のかけらもないしなやかな体で、屋敷から駆け抜けていきます。

その最後の場面の音楽が素晴らしい、と思ったらジョン・アダムス!爽快この上ありません。

正直言って宣伝文句にあるような、ビスコンティのような雰囲気は全くありません。しかしながら、ティルダ・スウィントンという希有な女優の力をフルに見せた映画で圧倒されます。

退屈な部分も正直ありますが、一人の女性がその力をすべて出し切った、いや捧げた記録として非常に価値のある映画になっていると思います。
スポンサーサイト

ドラゴン・タトゥーの女

kage

2012/02/22 (Wed)



月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪(しっそう)事件の調査依頼が舞い込む。連続猟奇殺人事件が失踪(しっそう)にかかわっていると察知したミカエルは、天才ハッカー、リスベット(ルーニー・マーラ)にリサーチ協力を求める。(シネマトゥデイ)

これは面白かった!こんなに長い映画が面白かったのは久しぶりです。

私は大劇場でやる大作と、小さな劇場でやる作品をなるべく並行してみていこうとしています。でもやはり大作は金をかけただけあります。

この作品のオリジナルのナオミ・ラパス版も見ましたが、あちらよりおどろおどろ感が減っているのに対して、明快さが加わりました。私はこういう複雑な話ではこちらの処理の方が好きです。さすがデヴィット・フィンチャー。

複雑怪奇なる一族の物語です。それゆえ、人物の交通整理には時間がかかります。しかし、ハリウッド版では要所要所に有名な役者を使うので、誰が誰だかわかるのです。もちろん、それは監督の演出がうまいからだと思うのです。

エロシーンはかなり過激。リスペットのレイプシーンや逆にレイプする(?)シーンは見ていられないほど。またリスペットとミカエルのベッドシーンはモザイクが入っていたのですが、どちらのものが映っていたのでしょうか?(⬅馬鹿)

主人公二人が格好よすぎますが、クリストファー・プラマーやステラン・スカルスガルドの怪しさで映画も引き締まります。俳優の格を考えると、犯人が誰かすぐわかってしまうのですがそれはご愛嬌。

リスペットの女性らしさらを表現した最後のシーンは余分な気がします。しかし、繰り返しますが、監督の手腕に勝るものはありません。アメリカでは今ひとつヒットしませんでしたが、ぜひとも続編を願います。

これはブルーレイ、買いでしょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。