2012 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2012 03

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メランコリア

kage

2012/02/27 (Mon)



巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、ジャスティン(キルステン・ダンスト)は盛大な披露宴を催す。姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)の夫(キーファー・サザーランド)が所有する豪勢な屋敷での宴は盛況だったが、花嫁のジャスティンはどこか空虚な表情だった。披露宴を取り仕切った姉夫婦はそんな妹を気遣うが……。(シネマトゥデイ)

見ては行けない、見ては行けないと思いつつ、またもや見てしまったこの監督の作品。あいかわらず、やはり好悪は別れるでしょうが、すごい表現力です。冒頭から「トリスタンとイゾルデ」、鳴り響きっぱなしです。特に冒頭は抽象的なスローモーションの映像を、これでもかこれでもかと見せつけられるので、その部分でもう感覚は麻痺してしまいます。これが監督のマジックだとしたら、本当に悪趣味な監督でしょう。

映画は二部構成です。一部は「ジャスティン」。婚礼の日を迎えた「鬱病」の花嫁。周りにいるのは不愉快な人間ばかりです。とんでもない嫌みを言う母親。愛人を娘の結婚式に連れてくる父親。金の話ばかりする姉の夫。仕事を婚礼の日にもさせようとする上司。その役を屈指の名優たちが演じているのですから見応えあります。

しかしながら、それ以上に花嫁役のジャスティンが不愉快な存在なのです。自分の結婚式なのに遅れてくるは、抜け出しては放尿するは、風呂に入るは、挙げ句の果てに会社の同僚と野外セックスするはで、見ているものたちは不愉快さを通りこうしてあきれかえってしまいます。

最終的に会社は首、おまけに新郎は帰ってしまい結婚もパー。なんという映画じゃい!と突っ込みを入れた所で、二部の「クレア」開始。

巨大惑星が頭上に迫っています。今度は姉が不安から頭がおかしくなってきます。反対にジャスティンは浄化された巫女のような姿に変わっていきます。冒頭のパートで描かれていたシーンが意味ありげに繰り返されていきます。

映像は見ているものの不安を更にかき立て、こちらの心までおかしくしそうです。

ある種のパニック映画のはずなのに登場人物は二部に入るとわずか4人。それなのに多くの人間が叫びながら逃げ惑う映画の数倍恐ろしさを感じさせます。

ジャスティンは言います。「人間は汚れているものだから一度無にしなければ。」それはそうだけど、子供まで巻き込むのはどうか?おまけに父親(「24」のジャックだよ!)は、とっとと○○しちゃうし。

最後の終わり方は私は「あり」だと思います。それにしても、またやられました。「アンチクライスト」のような痛い表現が少ないので、私はこちらの映画の方が好みです。でも「好み」と言う所に、人からの痛い視線を感じるような映画です。

ダンストは結構裸ん坊でいるので、ファンの方は必見!(エロ?)それ以上にその表情が、非常にブスに見える時と美しく見える時があります。不思議な女優です。
スポンサーサイト

TIME/タイム

kage

2012/02/27 (Mon)




科学技術が進歩したことにより老化現象を解決した近未来、25歳で生体の成長が止まると余命はあと1年という社会が構築されていた。富裕層は寿命を気にしなくていい一方、貧しい人々は寿命を延ばすためにあくせく働き続けなければならなかった。貧しい青年のウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は、時間と引き換えに裕福な男性を殺した容疑を掛けられ、追われる身となってしまい……。(シネマトゥデイ)

ジャスティン・ティンバーレイクはどこに行こうとしているのでしょうか?人もうらやむ大ポップスター。しかし、彼は俳優業の方に大きく舵を切っているように見えます。

ところが歌の世界ではまばゆいばかりの存在の彼も、映画の世界の中ではどうも魅力を出し切っていないように考えるのは私だけでしょうか?

この映画でもアマンダ・セイフライドに食われているような気がします。甘くて端正なマスクは、あまり「エロ」や「悪」を感じさせないのです。かといってアンドリュー・ガーフィールドのようなナイーブさも。映画で生きるとしたら、これからが正念場でしょう。

映画は近未来の社会。富裕層が長生きして貧困なものがそれにつくす、そういう図式の映画は今までにもありました。でもそれを視覚に訴える方法で表したのは、新しい表現だと思います。もちろん、突っ込みどころは満載ですが、それを言始めたら映画として成り立たないので。

キリアン・マーフィーがどういうつもりでこの映画を引き受けたのかはわかりませんが、やはりしまる!映画がしまります。ただ惜しむらくは、映画があまりにも説明的だった所。もう少しストレートに「善」対「悪」に徹した方がよかったのではないでしょうか?

貧困なものからしか搾取しない貧困者、貧困なものを管理する元貧困出身の役人。この辺りの表現が話に奥行きを与えているとは思うのですが、そこは娯楽大作。単純な話にしてしまった方がよかった様な気がします。

もし徹底的に奥行きを与えるとしたら、それはこの映画では説明不足だったような気がします。途中で大金持ちが誰かに気を配りながら電話している所があります。おそらくこの世界の支配者、創造者であると思われますが、その正体も明らかにされませんでした。まさか、続編を考えているとは思えないのですが・・・・

最後の「俺たちに明日はない」へのオマージュは少し役不足の二人です。ジャスティンがウォーレン・ビューティを超える可能性はないと思うのですが、アマンダがフェイ・ダナウェイを超える可能性は?大きくあるような気がします。

気を配ってくれた友人もいますが、とても楽しめましたよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。