2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~

kage

2012/04/02 (Mon)



アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちにインタビューをすることに。仕事を失うことを恐れて、皆が口をつぐむ中、一人の女性の勇気が社会を揺るがすことになる。(シネマトゥデイ)

他にも見たのがあるのですが、先にこっちをアップ。

昔はこういう映画、ありました。ちょっとほろりとさせるいい映画。でも最近では超大作か難解なヨーロッパ風映画。こんなものばかりになってしまいました。

だから逆に新鮮に映って、この映画は成功したのでしょう。そして出演した女優陣の素晴らしさは、言葉に言い表す事ができなくて、主演女優賞もメリルよりこちらのヴァイオラ・デイヴィスにあげたかったと、観賞後思いました。

色々な賞の候補に挙がった(そしていくつかは獲得した)エマ・ストーンやオクタヴィア・スペンサー、ジェシカ・チャンスティンもいいのですが、私のおひいきはプライス・ダラス・ハワード。これほど上手に嫌みな女性を演じる事の出来る女優は少ないでしょう。例えて言えば「ヘア・スプレー」のミッシェル・ファイファーくらいでしょうか?でもあっちは少し戯画風だったし。

今では考えられませんが、黒人に対する差別。それを打ち破って行く動き。それはある種痛快ですが、同時にそれまでの時代の流れの重さを感じずにはいられません。そういう時代がアメリカでも、そして部落問題などで日本にもあったのです。

そして今、東北震災後に福島県民に対する新たな差別。確かに放射能は怖いものでしょうが、県民には何も罪はありません。その子供たちを受け入れを拒否するなんて、どういうものなのでしょう?

本当に今、この時点で見ておくと良い映画です。派手な宣伝はしていませんが、劇場は満員でした。今年のベストの一つです。
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ヘルプ 〜心がつなぐ】
アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた

2012.11.21 (Wed) | まっとめBLOG速報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。