2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画

kage

2012/02/19 (Sun)

私の周りの人間は、皆さん大人だ。私一人、小学6年生の頃の知能程度のまま生きています。

昨日、友人と話していた時に、「さらりと流す」という言葉を何度も言われたけれど、それが出来ない。言っていた友人も私からすれば出来ない人間だ。出来る人間ならつきあっていない。そんなことわかっている。

ブログって匿名性のものだから、何書いてもいいと思ってた。でも現実の知り合いが読んでいたのなら、そうではない事も、(当たり前だけど)事実。

もうくどく言うな、と言われたのだが、倒れた、帯状疱疹、という単語はやはり重くのしかかってしまった。家に帰ってから荒れたのは言うまでもない。

でもいい酒だった。本当に。

話は変わるけれど、ついに職場にネットからの知り合いが来る。今、職場で亡くなった方の花輪の手配をしているのだが、新しくやってくる私のパートナーは、こういう現実をわかって入って来るのか?休みだろうと、なんだろうとやらなければならないことはやるのです。

昨日、友人の年収を聞いて驚いたのだけれど、彼に与えられる年収は600万円。これは役員を除けば、我がグループで一番の高給取りになる。

これに見合う働きがなければ、即さよならだ。ネットを通じてかなり「ともだち」がいる彼。この職場を去る事になれば、私はとんでもないほど袋だたきにあうだろう。覚悟しておかなければ。

しかし「タイム」。(一体どこからこの跳躍が?)来週の土曜日、楽しみにしています。とるに足らない映画評も書いていこうかな・・・
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。