2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

kage

2012/02/21 (Tue)



911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。(シネマトゥデイ)

残された者の喪失感。さほど父親に思いを寄せていなかった私でさえ、父親が死んだ後はある種の喪失感を感じたくらいですから、これほどまでに父親を慕っていた子供の喪失感は想像できません。

遺体さえ発見できない状態。空っぽの棺桶。それを子供は茶番劇と見抜きます。他人の意思で一番大切なものを奪われた少年。この少年に自分の意志で一番大切な者を放棄した初老の男が絡みます。少年の祖父と思われる、マックス・フォン・シドーがまたうまい!

映画は徹底的に少年の目で描かれていきます。大好きだった父親。少年は父親が死んでいくのをリアルタイムで「聞いていた」のです。でも見る事は出来ない。信じる事は出来ない。何か目に見える確かなものを探したい。

結局、彼は目に見える父親の思い出を探す事が出来ませんでした。でも行く先々で出会う人々の姿に、ある種の人間の再生を感じたのは確かなのでしょう。鍵の持ち主とのエピソードではある種のカタルシスさえ感じさせてくれました。

昨年の大震災でも多くの方に心のケアが必要だったように、このテロでも多くの方が心に深い傷を負いました。ヴィン・ラディンが殺害されても、その心の穴は埋める事が出来ないでしょう

この少年は自分なりに「ケリをつけたかった」のでしょう。父親の「死」を受け入れる事が出来ず、未だに心が空中に彷徨っているような状態。ここに「ケリを」つける。

母親との邂逅、そしてブランコでの跳躍、いつしか少年は父親を「思い出」として捉える事が出来るようになったと思います。地味ですがいい映画です。トム・ハンクスやサンドラ・ブロックが上手なのは言う間でもありません。
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。